今泉んちはどうやらギャルの溜まり場になってるらしい2巻が読める!

のり伍郎の「今泉んちはどうやらギャルの溜まり場になってるらしい」の2巻が発売されました!

待ちに待った発売ですね!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい2を今すぐ読む

 

大人気作品とあって、発売前からお待ちかねのファンが多数いました!

今度の舞台は温泉!

温泉といえば、エッチなシーンが盛り盛りイメージできますね!

ちょっとだけのネタバレありであらすじと感想をご紹介します。

もしかして、まだ「今泉ん家はどうやら・・・」の1巻を読んでいない方がいらっしゃいましたら、まずは1巻からおすすめします。

今泉んちはどうやらギャルの溜まり場になってるらしい1巻から読む

どうして今泉君がこんなにギャルに囲まれてハーレム状態なのかは1巻で分かりますよ☺️(うらやましいですね〜)

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい2のあらすじ

すっかり今泉んちに住み着いたギャル3人。

男らしくなるために一人暮らしをしている今泉君をホントの男らしく育てるため、

鍛えてあげたりしちゃってます。

多少、真面目に鍛えるつもりはあるのでしょうが、可愛い顔でキスをおねだりする今泉君にメロメロの浜崎さん。

ついつい、すぐにキスしてセックスに持ち込みたくなります。

そんなレロレロなキスを見ている佐々木さんもやっぱり今泉君の魅力にやられて、

結局、ギャルたちは今泉君の奪い合いをはじめます。

 

そこへ胡桃坂さんが帰宅。

なんとお金持ちのの父親から温泉旅行のチケットをもらったと報告が!!!!

 

おぉ~!

これはもうやり放題の予感!(いつもやり放題だけど・・・)

 

という訳で、今泉君とギャル3人は温泉旅行に行くことになりました。

 

高校生ですから、道中は電車。

電車の中は運よく(?)貸し切り状態。

 

こんな状態でやりたくならない訳ないギャルたち。

ついつい今泉君のチンポにちょっかいを出します。

 

そうなんです。

もう彼女たちはどこでも構わず今泉君が欲しいのです。

 

そして今泉君も、1巻ほどやられっぱなしではありません。

まぁ、やられることに違いはありませんが、前より自分から欲しがるようになっています!

 

お、男らしく成長しているではないか!

 

電車の中でも射精しちゃって、もう自由過ぎるギャル+今泉君。

けど、ちゃんと精液を拭いてから電車を降りるあたり、ちょっとだけ常識もあるようで・・・www

 

そんなこんなで旅館に着いたら、

景色を楽しむ。。。

お風呂を楽しむ。。。

 

それどころじゃない!

 

着くなりやることは1つ!

今泉くんのチンポを取り合い、ハメ放題!

どんだけ絶倫何だ!今泉!

 

読み進めるうちに今泉の絶倫っぷりが半端ない事に驚かされる!

おいおい。

その体力。

いったいどこからくるんだ?

細い頼りない身体に女々しそうな態度。

そのギャップがギャルたちを虜にするのか?

ギャップ萌え???

 

ギャルたちは完全に今泉くんの魅力にノックダウン。

この奪い合いの状況が独占欲をさらにかきたてるのか????

 

胡桃坂さんは基本的に抜け駆けする~!

「私はあんたたちとは違うわぁ♡」

という態度をとりつつ、いつも抜け駆けする女。

でも、そんな抜け駆けは大体、すぐに察知され今泉君を奪われるというオチ。

 

男勝りの浜崎さんも、いつしかすっかり乙女の表情。

ギャルたちは今泉君を中心にだんだん性格まで変わっていく・・・。

 

そして、膣内に出し放題の精液は、大丈夫なんだろうか????と心配になる管理人www

 

とにもかくにも「今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい」の1巻よりもさらにハーレム度をUPさせた2巻は読みごたえ充分。

やりまくり、やられまくりのハーレムを満喫してください!

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい2を今すぐ読む

 

「今泉んちはどうやらギャルの溜まり場になってるらしい」は2019年11月現在、FANZA独占配信中です。他の電子書籍サイトでは読めません!

FANZA独占配信の今泉んち続編(2巻)のおまけ

FANZAで配信されている「今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい」には
以下の内容が収録されています!

収録内容

  • 全編フルカラーコミック63ページ
  • おまけ「今泉ん家のとある休日~佐々木ユキナの場合~」4ページ
  • セリフ無しバージョン
セリフなしバージョンが意外といいんです!今作はセリフもそこそこ多いので本編では画像にセリフが重なっている部分も多いのですが、セリフなしでイラストだけ見るっているのも1回読んだ後、想像力掻き立てながら読めておすすめです!
サークル :のり御膳 作家:のり伍郎

コメント

タイトルとURLをコピーしました